特許を通して貴社の事業発展をサポートします

化学系明細書のポイント

発明者、特許担当者のための化学系特許明細書の作成のポイント

貴社では、明確な基準に沿って、特許明細書を作成されていますでしょうか。

また、貴社では、研究者や開発者に対する特許明細書の作成の仕方を教育する
良い教材がないとの、お悩みはございませんでしょうか。


化学系特許明細書のポイント
特に化学分野の特許明細書は、特許請求の範囲や明細書を
記載するにあたって、注意すべき事柄がたくさんあります。

せっかくの良い発明であっても、特許明細書の記載が拙ければ、
特許にならない場合もありますし、たとえ特許になったとしても、
他社に対して十分な参入障壁を築けない場合もあります。

しかし、明確な基準をもたずに特許明細書を作成又はチェック
されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ご自身は、特許明細書の作成のご経験があっても、
社内の特に研究者、開発者に対して、どのように特許明細書に
関する教育を進めていけばよいかがわからないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

弊所では、化学分野の特許明細書を記載するにあたってのポイントをまとめた小冊子
『発明者、特許担当者のための化学系特許明細書の作成のポイント』を無料でご提供
させていただいております。

お問合せ



本小冊子では、特許明細書を作成するための明確な基準をご提供します。
研究者や開発者に対する特許明細書の作成方法を教育するための教材としても、
ご活用いただけます。

実は、私自身も困っていたことがありました

経験の浅い事務所スタッフに、まず、明細書作成の基本を体系的に伝えたい。
もちろん、仕事を進めながら、その都度、教えていくことはしますが、
それだけでは、教育に非常に時間が掛かってしまいます。

そこで、事務所スタッフの教育のために、明細書作成のポイントをまとめた書籍等を
探したのですが、ベテランの弁理士が読むような、難易度の高い書籍はあっても、
経験の浅い人が明細書作成のポイントを体系的に理解できるような教材を見つけだす
ことはできませんでした。

ですから、特許担当として、どのように特許の社内教育を進めていくべきかについて、
お悩みの方のお気持ちがよくわかります。

それならば自分で作成しようと思い立ち、作成したものが、本小冊子になります。

この小冊子は、特許庁の公表している審査基準を参考にしつつ、弊所でのこれまでの
明細書作成、拒絶理由対応等での経験をもとに、化学分野で特許出願をする際に
最低限知っておいた方が良い事項をまとめております。

 
例えば、

・より広い特許請求の範囲を記載するには、どのように考えればよいか。

・特許請求の範囲が不明確である、といった拒絶理由通知が出されないため
には、何を意識して記載すればよいか。


・どのような内容を、従属請求項として記載すればよいか。

・拒絶理由が通知された時に、明細書にどのような記載をしておけば、補正
がしやすいか、又は、進歩性が主張しやすいか。


・実施例・比較例と、請求項との関係は?

などの事項がまとめられています。

お問合せ


 

小冊子に記載されている事項を実践したからといって、特許になることを100%保証
するものではありません。

ですが、本来、特許になるべき良い発明が、特許明細書の記載が十分でないことが
原因で特許にならなかった、或いは、本来取りたい範囲の権利が取得できなかった、
そのようなことを避けるために本小冊子をご活用いただきたいと考えております。

おかげさまで、2010年12月に申込みを開始してから、すでに600名以上の方に
お申込みをいただいております。

 
また、お申し込みをいただいた方から、本小冊子について、例えば、以下のような
ご評価をいただいております。

・技術者に対する社内教育に最適

・基本的なポイントがわかりやすい

・解説書を読んでも要領を得ないようなノウハウが簡潔に記載

・シンプルかつ、網羅されている

・知財業務を始める方にとってわかりやすい

・化学分野に特化していてわかりやすい

・説明が具体的でわかりやすい
 

小冊子の作成にあたって相応の労力をかけておりますので、本来ですと、有料でご提供
させていただいた方が良いものであると考えておりますが、より多くの方にこの小冊子
を読んでいただきたく、また、弊所のことをよく知っていただきたいとの思いから、
無料でご提供させていただいております。

本小冊子の内容をご理解いただくことで、特許についてのご経験が浅い発明者や特許
担当者の方であっても、明確な基準をもって特許明細書を作成或いはチェックすること
ができます

本小冊子を用いて、技術者向けに社内講習を開催したり、社内のイントラネットで技術
者向けに公開いただく、といった形で、ご活用いただいている企業様もございます。

その結果、貴社の特許明細書の質の向上、特許の登録率の向上にお役立ていただける
ものと考えております。

 
また、弊所では、特許関連の情報発信を、積極的に行なっております。小冊子をお申込み
いただいた皆様には、メールマガジン等を定期的にお送りさせていただいておりますので、
この点でも、小冊子をお申込みいただくことによるメリットをご享受いただけるものと
考えております。

是非、この機会にお申し込みください。
 

小冊子をお申込みいただいた方のご感想はこちらです。



お申込み




お申し込みをいただきました方には、弊所発行の特許明細書や拒絶理由通知への対応等の
特許実務に関するメールマガジンとニュースレターをお送りさせていただきます
ので、

是非、こちらの情報も日々の業務にご活用いただけましたら、幸いです。

研修用・教育用資料としてご活用されたい場合


本小冊子は、多くの方から社内の研修用資料として最適であるとのご評価をいただいております。
本小冊子をご一読いただき、研修用・教育用資料としてご活用されたいとのご要望がありましたら、
社内の研修用・教育用資料にご活用いただく事を前提に、有料にて小冊子のpdfファイルを
ご提供させていただきます。

ご興味のある方は、mail@lhpat.com (@を半角にしたうえで送信下さい)まで、その旨、
ご連絡ください。詳細についてご案内させていただきます。

→お問い合わせフォームからでもご連絡頂けます。(お問い合わせフォームへ)

↑トップへ

ライトハウス国際特許事務所

求人情報サイト

化学系特許明細書の作成ポイント

特許実務者マニュアル

お問い合わせ

Top