ソフトウェア特許・ビジネスモデル特許のライトハウス国際特許事務所

MENU

03-5809-2727
受付時間:平日9:00〜18:00

ソフトウェア特許
ビジネスモデル特許
で、
ライバル企業と差別化し、
事業を強くする。

ソフトウェア特許ビジネスモデル特許
ライトハウス国際特許事務所にお任せください。

ライトハウス国際特許事務所は、これまで、
数百件のソフトウェア特許、ビジネスモデル特許の出願を取り扱ってきました。
当事務所では、単に特許を取得することを目的とするのではなく、
『企業の競争力を高めるために、どのような特許を取得すべきか』を第一に業務を進めています。

実績

(当事務所にて2007年~2017年に出願したものに基づいて算出)

  • 特許出願件数(国内)

    特許出願件数

    (国内)

    500件以上

  • 特許出願件数(PCT出願)

    特許出願件数

    (PCT出願)

    100件以上

  • 特許出願件数(外国)

    特許出願件数

    (外国)

    350件以上

  • 特許出願件数(外国)

    審査・審判の結果、
    最終的に特許になった
    出願の割合

    81%以上

    ※お客様のご都合により、拒絶理由通知等に対応をせずに権利化を断念したもの除くと95%以上となります

ソフトウェア特許ビジネスモデル特許の基礎知識

ソフトウェア特許・ビジネスモデル特許とは何か、
どのようなものが特許として認められるか、どういったアイデアや発明を特許出願すればよいかなど、
ソフトウェア特許・ビジネスモデル特許を取得するうえで必要となる基礎知識をお伝えします。

  • ソフトウェア特許とは?

    ソフトウェア特許とは、コンピュータを利用した発明に関する特許です。特定の目的を達成するためにコンピュータを機能させるプログラムについての発明が、特許の対象となります。ソフトウェア特許を取得することで、競合他社が、特許の対象となるプログラムが記録された記憶媒体を製造・販売したり、そのプログラムをダウンロードさせることを防ぐことができます。

    ソフトウェア特許について詳しく見る

  • ビジネスモデル特許とは?

    ビジネス方法そのもの、ビジネスモデルそのものについて、特許を取得することはできません。一方、ビジネスモデル特許は、ビジネス方法・ビジネスモデルを実施する際の技術的な工夫についての特許です。ビジネスモデル特許を取得することで、同じビジネス方法・ビジネスモデルを実施する他社に対して、優位性をもって、ビジネスを進めることができます。

    ビジネスモデル特許について詳しく見る

サービスのご案内

ライトハウス国際特許事務所の強み、
ご依頼から特許出願するまで・特許出願をしてから特許になるまでの流れや、
当事務所に依頼した場合の費用等、当事務所のサービスについて、ご紹介します。

MAIL MAGAZINE

MAIL MAGAZINEメールマガジン

メールマガジン『役に立つ特許実務者マニュアル』を無料にて週1回、配信しています。弁理士・田村良介が、日常の業務の中で得た考え方やノウハウなど、特許の実務に携わる方にとって、お役に立つ情報をご提供いたします。特許の戦略的な考え方、明細書作成、中間対応など、幅広いテーマについてお伝えします。

ご登録はこちら

ソフトウェア特許で事業を強くするには?

ソフトウェア特許で事業を強くするには?

小冊子『ソフトウェア特許で事業を強くするためのポイント』を無料にてプレゼントいたします。弁理士・田村良介のこれまでの経験・ノウハウをもとに、ソフトウェア特許・ビジネスモデル特許を利用して、他社に対しての競争力を高め、自社の事業を強くするためのポイントをお伝えします。特許の実務に携わる方だけでなく、知的財産部門の部長・マネージャー、ベンチャー企業の経営者など、知的財産部門を管理し、知的財産に関する取り組みを事業戦略の1つとして活用することが求められる人にお薦めです。

2019年3月発行予定

お問い合わせ

ソフトウェア特許・ビジネスモデル特許の専門家がサポートします。
このようなことがありましたら、お気軽にご相談ください。

03-5809-2727
受付時間:平日9:00〜18:00

無料相談・お問い合わせ

PAGETOP