特許を通して貴社の事業発展をサポートします

-特許オタクになる- 第181号

2018.12.21 カテゴリー/ Column 

 こんにちは。田村良介です。



 『仕事をしていて、どんなときが楽しいか?』



 以前、この問いに対して、ある方から

 『人に喜ばれたり、褒められたときに楽しいです。』
 という回答をいただいたことがあります。


 『働く』の語源は「傍(はた)を楽にする」だそうです。

 人に喜ばれる、ということは、しっかり働けている
 証拠ですよね。

 私も、仕事をしていて、お客様のお役にたって、
 喜んでいただきたいです。



 実は、『仕事の楽しさ』ということを考えたとき、
 もう1つの側面があるのではないかと考えています。


 『人に喜ばれたり』というのは、仕事の結果・成果
 ですよね。

 いい結果が生まれたから楽しい、というのはもちろんなのですが、

 いい結果が生まれるか、生まれないかにかかわらず、
 仕事を進めるプロセスそのものを楽しむと、

 もっと仕事が楽しくなるはず、と思っています。


 難しいことにチャレンジをして、
 工夫をしたり、試行錯誤することにも楽しさがあります。


 
 愚痴を言うようでなんなのですが(笑)、

 最高の『請求項』が書けたと思っても、
 最高の『意見書』が書けたと思っても、

 そんなにお褒めの言葉がいただけるわけではありません(泣)。
 

 なので、結果だけでなく、プロセスも楽しんでしまいましょう、
 という話です。



 そうやって仕事のプロセスを楽しんでいると、
 自分自身の取り組んでいる分野についての『オタク』に
 なっていきます。

 専門家といった方がかっこいいのですが、
 『オタク』の方がニュアンスが近いように思います。


 でも『オタク』になれば、

 必要な知識も覚えようと思わなくても覚えますし、
 いつもそのことについて考えるので、理解も深まりますし、
 スキルも伸びていきます。
 
  
 私の場合ですと、『特許オタク』、『拒絶理由通知オタク』
 と言えるかもしれません。

 あまり、かっこよくないですが(笑)。



————————————————————————————–
■当メールマガジンについて

※当メールマガジンは、私個人の特許に対する考え方や
 ノウハウをお伝えするものであり、ご紹介する内容の
 すべてが絶対的に正しいとは、考えておりません。

 予めご了承いただいたうえで、お読みください。

■メールマガジン「役に立つ特許実務者マニュアル」は
 著作権により保護されています。

————————————————————————————–
 


↑トップへ

Top