特許を通して貴社の事業発展をサポートします

-難しい拒絶理由通知への対処法- 第135号

2017.07.28 カテゴリー/ Column 

こんにちは。田村良介です。


♪♪♪
 風の中のすばる~
 砂の中の銀河~
 みんな何処へ行った~ 
♪♪♪

先日、家の書棚から「プロジェクトX(エックス)」
のDVDを引っ張りだしてきました。

タイトルは、

「プロジェクトX 挑戦者たち 第12巻
 ツッパリ生徒と泣き虫先生」


昭和50年、当時すごく荒れていた、京都の伏見工業高校に、
元ラグビー日本代表の山口良治さんが赴任し、
それから数年でラグビー部を全国優勝に導いた、

というお話です。


伏見工業高校、山口先生をモデルにした、
「スクールウォーズ」というドラマも有名です。

私も、このドラマの影響で、
高校・大学とラグビーをしていました。



山口先生が赴任されたばかりの頃、
試合前に部員を集めるのが精一杯で、
まともな練習はできていません。

そんな中、当時、京都で一番強かった
花園高校との試合があります。

結果は、112 対 0 の大敗。


試合後、ツッパリ部員の小畑道弘が、
「俺は悔しい!」と泣き崩れます。
「先生、花園に勝たしてくれ」と

それから1年間、部員たちは必死に練習をします。
「打倒花園」の思いで。


翌年の春の京都府大会。

伏見工業高校は、花園高校と対戦します。
15人全員がチームのために走り、タックルし、攻めます。


結果、18 対 12。

伏見工業高校の勝利!


すごくないですか。


最近、涙腺が弱くなっていますので、

「プロジェクトX」を久しぶりに見て、
涙が止まらない・・・という感じでした。




さて、話はガラッと変わります。


特許庁から拒絶理由通知が届き、内容を読みます。

「ん~~、これは厳しいなぁ」
と思わず、頭をかかえることもあります。

引用文献の内容がかなり近い内容で、
特許にすることは、どうも厳しそう、、、


なのに、お客様に
「請求項の補正をした方がよいです」と提案しても、

「どうしても請求項の補正をしたくない」との回答。


ここで、もう一度、頭をかかえます。

ただ、補正をしない、
というご要望をいただいたからには、
あきらめず、知恵を絞ります。

審査官の主張に、反論できるところはないか?

拒絶理由通知も何度も読みますし、
引用文献も目を皿のようにして見ます。


そうすると、反論できるところが見つかるんですね。

審査官のわずかな隙をついて、
論理を積み上げて、意見書を書きます。


そうすると、数ヵ月後、特許査定が届きます。
そして、自分でも驚きます(笑)


伏見工業高校ラグビー部を見習って、
あきらめずに、粘り強く取り組むと、
突破口が見えてきます。


拒絶理由通知の内容が厳しいと思われるものでも、
簡単にあきらめない。粘ったもの勝ちかもしれません。



◆今日のポイント◆
└───────────────────

 ☆厳しいと思われる拒絶理由通知にも、
  簡単にあきらめない。


————————————————————————————–
■当メールマガジンについて

※当メールマガジンは、私個人の特許に対する考え方や
 ノウハウをお伝えするものであり、ご紹介する内容の
 すべてが絶対的に正しいとは、考えておりません。

 予めご了承いただいたうえで、お読みください。

■メールマガジン「役に立つ特許実務者マニュアル」は
 著作権により保護されています。

————————————————————————————–


↑トップへ

Top