特許を通して貴社の事業発展をサポートします

-桶狭間の戦いに学ぶ特許出願- 第139号

2017.08.10 カテゴリー/ Column 

こんにちは。田村良介です。


永禄3年5月19日。

2万5千もの大軍で尾張に侵攻した今川義元。


一方、織田信長は、明け方に清州城を出発。

熱田神宮で戦勝祈願を行った後、
善照寺砦で2千~3千の軍勢を整えます。

2千の兵で善照寺砦から出撃し、雨の中、兵を進め、
桶狭間にいる今川義元に奇襲をかけます。


今川義元は、織田家臣の毛利良勝に打ち取られ、
織田家は、この戦いで大勝利をおさめます。


桶狭間の戦い、
教科書にも出てくる、非常に有名な戦いです。


今川勢の2万5千のうち、
桶狭間で今川義元を守る兵は5千程度だったそうです。


この戦いで、織田勢が勝利をおさめた理由としては、

今川勢の油断、天候、信長の徹底した情報管理などが
あるのだとは思うのですが、

兵数の差による不利を、局所的に小さくすることが
できたことも、1つの理由ではないかと思います。



ランチェスター法則を、
経営に応用したランチェスター戦略でも、

弱者が強者に勝つための原則として、
「一点集中主義」があげられています。


限られたリソースを、

特定の地域、顧客層、用途などにしぼることで、
市場で優位性を発揮することができます。


この「一点集中主義」は、
特許の分野にも応用できるのではないかと。


開発のリソースを一点集中するのもそうですが、

特許を取得するための予算や人員も、
特定の製品や特定の技術に、より優先的に配分する。

(すでに、そのように実践されている企業さんは、
 多々あるかと思いますが)


そうすることで、

競合他社に対して、より競争優位になり、
その優位性を持続させることができるように思います。



◆今日のポイント◆
└───────────────────

 ☆ランチェスター戦略では、
  弱者が強者に勝つための原則として、
  「一点集中主義」があげられている。

 ☆特許の分野でも、

  特定の製品や特定の技術に、
  より優先的にリソースを配分することで、

  競争優位性を高めることができる。


————————————————————————————–
■当メールマガジンについて

※当メールマガジンは、私個人の特許に対する考え方や
 ノウハウをお伝えするものであり、ご紹介する内容の
 すべてが絶対的に正しいとは、考えておりません。

 予めご了承いただいたうえで、お読みください。

■メールマガジン「役に立つ特許実務者マニュアル」は
 著作権により保護されています。

————————————————————————————–


↑トップへ

Top